タクシー

おじさん

スーパータクシー諸星

スーパータクシーくん編より タクシードライバーは底辺の仕事ではないが、新卒が夢を抱いて就くものでもない。 紆余曲折を経たドライバーたちには、それぞれの物語がある。 そんなドライバーの一人、41歳の諸星くんの話。 ...
おじさん

人を轢いたタクシー運転手

タクシードライバーくん編より 「負け犬になるべき男は、小学3年くらいで自覚している」 「自分が本当にダメと思ったら自殺しかないから知らんぷりしている」 自我を意識しだす10歳くらいの年齢で、他人と比較してなんとなく気がつく...