今が幸せと感じない人は、ウシジマくんを読んでみてください。
暴力漫画ではありません。
人間理解のための漫画です。

ウシジマくんの人間性

若い男

ウシジマくんの世界に出てくる若い男たち。

この年代は、子供から大人へと変化する中で、人間性も分岐していく。

身体が大きくなり、暴力の威力も大きくなると、他人への攻撃をする者も出る。

肉蝮は街を徘徊し、獲物となる小悪党をハンティングして回る。

そうかと思えば、うまく大人になれずに引きこもり、自分を責める若者もいる。

人生の選択を間違えるものがチラホラ出てくる年代でもある

若さゆえに、自分の実力を大きく見積もってしまい、現実とのギャップにもがいている。

そんなひずみを安易に解決しようとして、BADルートを選択してしまう者も。

若い世代が人生の選択の失敗をしないための必読書、闇金ウシジマくん。

若い男

鰐戸三兄弟が運営する、恐怖の誠愛の家

ヤミ金くん編より 顔芸で威嚇をする、鰐戸二郎。 人間がサルだった時代、言葉の代わりに顔の表情で感情を伝えた。 ヤンキーは威嚇や暴力など原始的な脳に頼る事が多いため、言葉よりも顔芸の表情が豊かだ。 誠愛の家(ラ...
若い男

半グレ集団のリーダー獅子谷兄

ウシジマくん編より 半グレ集団のリーダー獅子谷兄(鉄也)。 ヤクザ組織と違って明確な組織体系のない半グレ集団。 シシックという闇金グループを中心に、犯罪のフランチャイズチェーンを展開している。 タブー無しで切り込む彼...
若い男

ホームレス狩りをする凶悪な少年たち

フリーターくん編より 集団でホームレスを襲って、いたぶる凶悪な少年たち。 人の性格は遺伝と家庭環境で決まる。 何年も時間をかけて、歪んだ家庭によってねじ曲がった少年が出来上がる。 教師のドラマで、何か一つのキッカケで...
若い男

上京する女を食い物にする尚也

ギャル汚くん編より ヤンキーがわかりやすい粗暴な犯罪で捕まるのに対し、大学生の犯罪は陰湿で卑怯だ。 法にひっかからないよう言い訳を用意した、汚い犯罪手法をとる。 そういう事が卑怯だと感じる神経がなく、賢いとさえ思っている。...
若い男

中身が無い人ほど人脈を広げたがる

ギャル汚くん編より 中身がない人ほど、人脈を広げようとする。 有名な知り合いがいると、まるで自分がその有名人と同じステータスにいるかのように自慢する。 自分に何もないから、他人に乗っかろうとする。 すぐに 「〇...
若い男

「知り合いのヤクザ」の正体

コンビニ前にタムロしている、態度の悪いヤツらの言う 「知り合いのヤクザ」 とは、どの程度の者なのだろうか。 安アパートに住み、居酒屋に行くお金がないのでコンビニ前でタムロしているレベルが召喚するヤクザとは? ヤンキーにと...
若い男

後輩女子を恐喝する卑劣な男子大学生

フーゾクくん編 大学くらいから、卑劣でゲスな事をする男子大学生が出てくる。 女子に酒を飲ませて乱暴や、金銭を盗む。 まだ人生に負債を追っていない男子大学生が、卑劣な犯罪をするのは何故か? 高校までの、親や学校のタガが...
若い男

ナマポの佐古彰(さこ あきら)

生活保護くん編 ナマポというのは生活保護受給者の略。 少し侮蔑の意味が含まれる。 生活保護の在り方が議論される際、過剰にはれ物に触るように扱うか、甘えとして糾弾するかのどちらかに偏る。 ウシジマくんでの扱い方が、最も...
若い男

肉蝮という最強原始人

電話口の尚也の悲鳴に心配したジュンが、 「おい、尚也!? 大丈夫か!?」 と聞くが、尚也に熱湯を浴びせている肉蝮が割って入って 「大丈夫、俺は全然熱くない」 と笑う。 常識人は色々な事に縛られて生きているため、...
若い男

G10と書いて後藤と読む

原宿界隈で有名なオシャレ皇帝。 G10は魅力的な人物だ。 愉快な人物性に魅力を感じて近づいていくとどうなるか? G10に魅力を感じてしまっている人は、実生活でも気を付けなければならない。 人は派手なペテンに惹かれる。...