アルファードに乗る男が荒ぶる理由

若い男
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん42巻」小学館

アルファードは広く普及してるから、それに乗っているだけで粗野な男と決めつけるのはひどい偏見だ。

正しくは複雑な家庭環境で育った男がアルファードに乗った時、荒ぶるエンジンが加速する。

 

※今回はキャラクターではなく、社会現象の解説です。

ミニバンの系譜

ヤンキーがなぜアルファードに惹かれるようになったのか、まずはミニバンの成り立ちから解説していく。

日本における初期のミニバンは、工事業者が使っていたワンボックスカーのシートを変更し、乗用車仕様にしたものだった。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん34巻」小学館

 

初期のミニバンは子だくさんな家のファミリーカーという位置づけだったが、その流れを変えたのは日産のエルグランドだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館

 

エルグランドは黒い車体に牙を剥いたような攻撃的なグリル(前面)で、車高も高いから威圧効果は抜群だ。

それまでのヤクザは黒塗りのセダンが一般的で、特にベンツは成功したヤクザの代名詞だった。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん42巻」小学館

 

ヤクザといっても生身では一般人と大して差がないから、ラッピングバスみたいに全身に入れ墨を入れたり、高級車という道具で自分を大きく見せる。

ヤクザが演じる茶番劇
ヤクザが要求をする時、そこには茶番劇が繰り広げられる。 だが暴力だけは本物で、迫力がある。 パワハラに厳しい現代、そんな事ができるのはヤクザだけだ。 人の感情を揺さぶって、つけ入る隙を作って要求をねじ込む。 ...

 

そんなヤクザに憧れるヤンキーたちが、背伸びをして型落ちの高級セダンに乗るというのが不良文化として定着した。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん34巻」小学館

 

しかしどこの世界にも嗅覚が鋭い者はいて、ヤクザは黒塗りセダンという固定観念を無視して、エルグランドの実用性に目をつけて使い始める者が出た。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん40巻」小学館

 

ミニバンは業務用のワンボックスカーが起源だから、人を運んだりするのに便利で、そういった”業務”の時もセダンより重宝された。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん3巻」小学館

【闇バイトをするアホの子】中田(センターT)
楽園くん編より(16~17巻) 選択肢はいくらでもあるのに、若者は勝手に焦って闇バイトに走る。 実力もないのに野心だけが強く、犯罪の捨て駒に自ら応募してくる若者のことを、半グレたちは『アホの子』と呼んでいる。 ...

小さくないのにミニバンと呼ばれる理由

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館

乗用車としては大型なのにミニバンと呼ばれているのは、日米の規格の違いによるものだ。。

アメリカでは普通のバンが馬鹿みたいに大きいために、それよりも少し小さい車格をミニバンと呼んでいるだけで、日本基準ではまったくミニではない。

 

ヤンキー(米国人の俗称)の本場アメリカは、車もガサツで繊細さがない。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん16巻」小学館

 

反社でも頭角をあらわす者は合理的で、ミニバンの方が威風堂々とした上に室内空間も広いなら、セダンにこだわる理由がないのでアッサリ乗り換えた。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん34巻」小学館

 

そういった上位層の反社の男を見て、ヤンキーたちもミニバンにステータスを感じるようになった。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

ヤクザは情で支配する
ヤクザくん編(33~36巻)より 最近の出来の悪いドラマは、Vシネマを観てヤクザを描いているようで単純すぎる。 いつもずっと強面で、曲がった事が大嫌いみたいなウソ臭いキャラを作ってしまう。 実際はヤクザも人...

エルグランドからアルファードへ

日産エルグランドのスマッシュヒットを見たトヨタは、よりイカつい見た目のアルファードを発売して人気を得た。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん44巻」小学館

 

マーケティングにも優れたトヨタはヤンキーたちの旺盛な購買力に目を付け、アルファードと同じベースで少しだけ若者向けにした、ヴェルファイアも併売した。

この二車種のドライバーはヤンチャな走りが目立つことから、まとめてアル・ヴェル乗りと呼ばれるようになった。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん42巻」小学館

半グレとヤクザはどっちが強い?
ウシジマくん編(39~46巻)ほか 男子はどっちが強いのかという比較に興味を持つ。 その理由と共に、ヤクザと半グレのどちらが強いのかを考察する。 今回の人間学は趣向を変えて、個々の人物ではなく集団に焦点をあ...

なぜヤンキーが高級車に乗れるのか?

皆さんは中古の型落ちセダンがせいぜいだったヤンキーが、なぜ高級車の部類に入るアルファードに乗れるのか疑問に思うだろう。

これは自動車会社が考え出した、残価クレジット(残クレ)という販売手法のおかげだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん14巻」小学館

 

残価クレジットとはディーラーが売る際、新車価格から3年後の下取り価格を差し引いて販売するもので、ヤンキーは月々2万円ちょっとのローンでアルファードに乗れる。

つまりヤンキーは買う時に、3年後の下取り価格を前借りしてるようなものだ。

投資に向かない人の特徴
フリーターくん編より(7~9巻) 専業主婦の宇津井美津子。 チラシの利息を信用して、闇金に借金の申し込みをしている。 貧乏な人がお金を持っていないのは、欲がないからではない。 人一倍欲深いから、お金が...

 

俯瞰(ふかん)して見ると自分の足を食べるタコみたいな構図だが、ヤンキーの頭には月々の払いが安いということしか入らない。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん14巻」小学館

 

残価クレジットで3年後に下取りに出すのは義務ではないが、ヤンキーが抗えない二択が待っている。

それは3年経った時に車の残価分(ローンで払っていない分)を一括で払って買い取るか、今まで通りの月額で新たなローンを組んで、新車に乗り換えるかの選択だ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん30巻」小学館

 

むろんヤンキーは新車への乗り換えに飛びついて、再びイチからローンを払い始める。

彼らはさながら、終わることのないローンを払い続ける永久機関(永遠に回り続ける装置)だ。

お金の使い方がわからない人たち
お金の使い方には、その人の人格が大きく反映される。 お金は何だかんだ、尊厳を売り渡せば手に入れられる方法があるから、底辺の人間でもありつく事はできる。 底辺の人にとっては、自由にお金を使う方が何倍も複雑で難しい。 ...

囲い込まれるヤンキー

ヤンキーは先々のことについて、次の給料日くらいまでしか考えられないが、それゆえに目の前のミニバンにフルBETできる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん30巻」小学館

 

自動車会社は自前で金融会社を持っていて、ローン金利でも儲けられる仕組みがあるため、販売店によっては現金一括よりローンの客に優先的に納車される。

もはや残価クレジットは自動車の売買というより、賢い人間が車を軸に作った金融商品だ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

金融が発達した現代社会では複利を考えられるような者にお金が集まり、知恵のない者は経済的なカタにハメられる。

ヤクザはカタにハメて教育する
ヤクザは、街で騒動を起こすだけの者をハンパ者と言って蔑む。 人間としての筋が通っていない、人未満の存在だと。 一般人から見たら大差ない存在なのに、ヤクザの自負はどこからきているのか? ヤクザは型...

事故を起こすと詰む

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん42巻」小学館

 

残価クレジットで販売時に提示されるのは、3年後に車に損傷がなかった場合の下取り価格で、事故の可能性がまったく考慮されていない。

 

普通の人であればリスクを計算して契約に慎重になるが、ヤンキーは目の前のことに条件反射で飛びつくので、安く乗れるという一点で契約してしまう。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん31巻」小学館

 

こんな風に無計画な消費と勢いで子供を作る彼らは、資本主義を下支えする大切な存在だ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

 

彼らの子供も『足立区生まれ、川口育ち、頭が悪そうなやつは大体ともだち』という環境で育ち、資本主義の養分になる。

底辺の性欲が強い理由
ヤミ金くん編より(18~20巻) 文明人は性欲をなるべく隠したがり、恋愛の先にある高尚なものとしている。 出会って見つめ合ってビビビッときたら、素敵な結婚を思い描く。 だがそういう高尚な性愛の場に参加できな...

金に困ったヤンキーはタチが悪い

残価ローンでもギリギリの返済をしているのに、彼らは路上で頭に血がのぼると、学生カバンを投げつける感覚で車を扱ってしまう。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん42巻」小学館

 

車以外にも様々なローンを抱えている彼らは、事故で残価ローンの計画が狂うと他の支払いもショートして、途端に多重債務者になってしまう。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん3巻」小学館

そうなると路上の損失は路上で取り戻そうと、面倒な輩(やから)へと変貌していく。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん3巻」小学館

 

他の車と接触して知り合いの板金屋と組んで法外な修理費を請求したり、延々と首が痛いと言って休業補償をせびるのは、こういった連中だ。

ホームレス狩りをする凶悪な少年たち
フリーターくん編(7~9巻) 他より 凶悪な少年たちの犯罪は、理解がしがたい。 彼らは単なる頭の悪さでは説明がつかない行動をとる。 だが凶悪な少年たちが、実は現代人ではなく原始人であったとしたら、全て合点が...

ヤンキーにとって公道は中学校の廊下

職業に貴賤はないが感情が高ぶりやすいヤンキーが就けるのは、メモ用紙みたいな履歴書を持って行くだけで即採用される仕事に限られる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん40巻」小学館

 

たとえ建設関係の一人親方(個人事業主)で社長になったと喜んでも、しばらくすると大卒のゼネコン社員を頂点とした、多重下請け構造の末端と気づかされる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん19巻」小学館

 

そんな社会の中で唯一、中学時代のように威勢の良さだけで強者になれるのが公道だ。

ヤンキーにとって車の大きさは学年をあらわし、ワゴンRが中学一年ならアルファードは絶対王者の中学三年だ。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん32巻」小学館

 

ヤンキーは社会人としてのパラメーターがないので、車格で優劣が決まる。

 

ちなみに彼らが徒歩の時は、

「このガキィ~」「小僧」

を連呼して、声の大きさで自分の方が上だという位置の取り合いがされる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん40巻」小学館

不良の世界では下にされると、二度と浮上できなくなる。

ヤクザが絶対に折れない理由
ヤクザくん編(33~36巻)他 一般人は社会と折り合いをつけて暮らしている。 だがヤクザは一切折れることなく、"ややこしい人"として生きている。 なぜ、ヤクザは些細な事でも折れようとしないのか? ...

 

アルファードより危険な車

フルサイズのアルファードより少しだけ車格がコンパクトなクラスに、ヴォクシーやノアなどのミドルサイズのミニバンがある。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん3巻」小学館

 

燃費や車両価格を考えれば、一般家庭が購入するならヴォクシー・ノアの方が賢い選択になる。

しかし車格が命のヤンキーにとっては、残クレでもアルファードに乗れずにクラスを落とすことは、中三の顔色を伺う中二の身分になることを意味する。

 

そういったコンプレックスを弱い歩行者で解消しようとするため、ミドルサイズのミニバンはアルファードより危険な存在だ。

国道からコンビニに入る時、一時停止しないで歩行者を蹴散らすのがこのクラスだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん14巻」小学館

重ねて言うが取り回しがしやすく経済性の高いヴォクシーやノアは、一般家庭には最良の選択だ。

それ以外の黒の型落ちオデッセイなどは、覚せい剤中毒かと思うほど狂気じみた走りをする。

 

ミニバンは悪い買い物ではない

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん46巻」小学館

ヤンキーは10代から働き始めて、現場仕事で人間性を作り上げていく。

彼らの世界では気の抜けた仕事ぶりは男を下げるから、早朝からシャキシャキ動く。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん7巻」小学館

 

離職率の高い職場で生き残っていく内に給料が上がり、次のステップとしてミニバンを手に入れる。

少し背伸びをした買い物の支払いに追われることは、むしろ仕事に励む原動力になる。

 

不安定な家庭環境で育った彼らにとって、ミニバンは安心できる空間だ。

ミニバンに乗って過去のトラウマのリハビリをしながら、彼らは少し気が荒いものの社会人になっていく。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん7巻」小学館

 

奨学金という名の15年ローンを組んで、馬鹿の内容証明みたいなFランク大学の卒業証書を買うより、ミニバンの方がよほど有用な投資だ。

世の中にいても・いなくても問題ない大学生、中山
フーゾクくん編より(5~7巻) Fランク大学に通っている男子大学生の中山。 一人一人、個性のある大切な子供として社会に扱われていたのが、大学生くらいになると箸にも棒にもかからない人間が出てくる。 明日いなくなっても...

 

道を譲ると生きていけなくなる

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん34巻」小学館

彼らの価値観だと道を譲ることは自分が下位に甘んじることになるから、すれ違いができない道では人生を賭けて対向車をバックさせる。

もしも相手がバックしない場合には、いのちを脅かされたように感じて半狂乱になる。

 

アンガーマネージメントでは5秒耐えれば怒りは鎮まるとあるが、ヤンキーの場合は我慢すると逆に怒りが核分裂のように増殖する。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん35巻」小学館

 

彼らが路上で湯気が出るほど怒り散らすのは、頭の中が制御棒(核分裂を抑える)のない原子炉みたいな構造だからだ。

肉蝮という最強原始人
ギャル汚くん編より(4~5巻) 人は理解ができない存在を『サイコパス』と、ひとくくりにしてしまう。 反社会の中でもキ〇ガイと呼ばれる肉蝮も、理解を超える存在の一人だ。 そんな肉蝮の行動から、信じられないこと...

 

感情の起伏が激しいヤンキーは引き下がったら支配されるという恐怖が強く、背水の陣で他の車と対峙している。

つまり彼らは道を譲ったら死ぬ呪いにかかっているのだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん21巻」小学館

バカみたいと思うかもしれないが子供時代の虐待の影響だとしたら、彼らのことをバカと言うのは酷だ。

 

ヤンキーになる道は二パターンある

ヤンキー化する男子が中学時代に集中しているのは学校のせいではなく、思春期で男性ホルモンが急激に増える時期だからだ。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん9巻」小学館

 

男子は思春期になると、筋肉増強剤と精力剤をチャンポンで打たれたような心身の変化に戸惑うが、その中で勢い余った者がヤンキー化する。

こういった男性ホルモン過多でヤンキー化したタイプは、その後で憑き物が取れたように更生して、うまいことリーダーシップだけが残って土建会社の社長として成功したりする。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん40巻」小学館

 

もう一つのパターンとして、地獄のような家庭環境のせいでヤンキーになる者がいる。

暴言・暴力を浴びると子供の脳は、記憶力や認知能力を低下させてダメージを減らす。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

汚い言葉遣いの愛沢の嫁
ヤンキーくん編より(2~3巻) 愛沢曰く、ブスで一緒に住んでいるだけの女こと、愛沢の嫁。 一児の母だが、お母さんらしくない汚い言葉遣いをする。 汚い言葉遣いの女 愛沢が後輩を引き連れて...

 

脳の機能を制限して虐待をやり過ごすことは、無力な子供が生き残るための順応だが、脳の機能が下がることで中学に入る頃には勉強についていけなくなる。

情動に関するキャパシティも小さいので、しょっちゅう脳が容量オーバーを起こす。

賢くない人がワリと幸せに生きられる理由
ゲイくん編より(3~4巻) 人に知性が芽生えてから、起こってもいない問題を想定してストレスを抱えるようになった。 賢い人ほど就職や老後の不安など、悩み多い人生を歩む。 36歳のおじさんゲイの『ジャニヲタ』は...

 

皆さんが彼らのイラ立ちを想像するなら、エアコンとレンジを使っただけですぐにブレーカーが落ちる、電気代込みの賃貸に住んでいると思ってほしい。

 

そんな状態だからヤンキーは困ることが多いが、周囲の大人に何かを頼んでも無下にされた経験が多いので、上手く助けを求められない。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

他人に助けてほしい時でも断られることを恐れて、つい威圧的に命令してしまうのでひんしゅくを買う。

弱者の世界は子供に厳しい
弱者の世界では自分より弱い者は守るべき対象ではない。 そういう家庭の子供は邪険に扱われ、時には飯の種に変えられてしまう。 親が底辺で余裕がないから子供を虐待するのではない。 元々、人としての資質が欠けているから底辺...

 

彼らが運転中のみならず、あらゆる局面で気が短いのも、思慮深さより反射神経を求められる環境で育ったからだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

 

気が短いというのは、つまり脳の神経が育たずに短いということだ。

電話にすぐ出ないと激怒する人たち
電話の緊張感は独特だ。 呼び出し音が鳴っている間、相手が出るかどうか、少しの期待と不安が入り混じる。 だが世の中、自分が電話をしたら100%相手が出ないと激怒する人たちがいる。 箸が転がっても激...

 

他にも彼らは車線変更をしてきだけの車にケンカを売られたと勘違いしたり、生涯に渡って認知の歪みに悩まされ、イザコザの多い人生になる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館

 

弱者だった過去を大きな車体で隠す彼らは、さながら400gの脳で7tの巨体を動かすティラノサウルスだ。

アルファードという大きくて強い体を手に入れた彼らは、もう誰にも屈しない。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん42巻」小学館

半グレ集団のリーダー獅子谷兄
ウシジマくん編より(39~46巻) 半グレ集団のリーダー獅子谷兄(鉄也)。 ヤクザ組織と違って明確な組織体系のない半グレ集団。 獅子谷はシシックという闇金グループを中心に、犯罪のフランチャイズチェーンを展開...

ヤンキーは大きな川を越えない

普通はライフステージの変化によって子供時代の友人とは疎遠になるものだが、十代からあまり進歩のないヤンキーは関係性がずっと続く。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

 

生まれ育った街から離れないヤンキーは地元愛が強いと言われるが、実際は地元のしがらみの中でしか生きられないだけだ。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん18巻」小学館

 

追い込みをかけられても地元なら転々とする知り合いの家があるし、小遣い稼ぎの話が舞い込んだりする。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

 

見返りとして自分も何かを提供する義務があるが、不安定な就業と厚生年金のない彼らにとって仲間が唯一の生命線だから、面倒でも地元で暮らさざるを得ない。

 

だから足立区のヤンキーは荒川を越える引っ越しはしない。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

治安が悪い街の特徴~ウシジマくんの地元~
ウシジマくんの地元が特定しにくいのは、いくつかの街が合成されているからだ。 治安の良くない街で育つというのはどういう事なのか、街の特徴と共に見ていきたい。 治安と不動産価格には相関関係があり、地価の分布に沿って人の生息域...

 

ヤンキーが少し良いことをすると褒められる理由

ヤンキーが少し良いことをすると、普通の子よりも褒められる風潮がある。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん18巻」小学館

 

これは一般人の心が広いのではなく、ヤンキーのことを潜在的に自分たちより下の存在だと思っているためだ。

だから一般人がヤンキーを褒める様子をよく見ると賞賛ではなく、お片づけができた5歳児に対するように、どこか上から目線で褒めている。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん11巻」小学館

 

意外かもしれないが一般人はヤンキーのことを、さほど自分たちに脅威を与える存在だと見なしていない。

ヤンキーの威嚇行為は弱い犬がよく吠えるように、弱者特有の自己防衛の側面が強い。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん38巻」小学館

 

それにヤンキーの場合は威嚇は派手だが、本人もそこで止めて欲しいと思っているので、実際に暴力に発展することは稀だ。

だから上辺だけでも謝ればヤンキーはホッとして、アッサリとその場が収まる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん38巻」小学館

 

それに対して普通の子は普段は鞘に収まっているが、いざ刀を抜いた時には知恵がある分だけ大きな被害をもたらす。

例えば安倍元総理を銃撃したのは、マジメに勉強をして偏差値68の進学校を出た男だ。

犯人はヤンキーのように途中で吠えたりせず、黙々と銃を作って計画を完遂した。

事件の人間学[特別編]安倍元総理銃撃事件

 

現代は知能の差によって階層が決まるので、ヤンキーが支配できるのは一般人より下の層に限られる。

鰐戸三兄弟が運営する、恐怖の誠愛の家
ヤミ金くん編より(18~20巻) 顔芸で威嚇をする、鰐戸(がくと)二郎。 人間がサルだった時代、言葉の代わりに顔の表情で感情を伝えた。 ヤンキーは威嚇や暴力など原始的な脳に頼る事が多いため、言葉よりも顔芸の表情が豊...

 

一般人を搾取をするのは同じ一般人の階層に属していて、勉強ができる者の中から生まれる。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん10巻」小学館

ヤンキーの方が褒められやすいのは、一般人にとっては普通の子の方が潜在的な脅威だからだ。

生き地獄 サラリーマン小堀
サラリーマンくん編より(10~12巻) 33歳で医療機器会社に勤めるサラリーマンの小堀豊。 専業主婦の嫁と二人の子供がいる。 幸せのパズルを組み合わせたはずなのに、なぜ普通に働く人が地獄を見るのか? ...

一般人が優位に立つ方法

一般人はヤンキーのように声を荒げたりすることは少ないが、論理性を武器に他者を追い込む。

「金持ちケンカせず」とは大らかなのではなく、ケガのリスクなく他者を支配する術なのだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん11巻」小学館

 

ヤンキーが腕力によって優位に立とうとするのに対し、一般人は心理戦によって上位層を目指す。

例えばお金のない男性やブサイクな女性と結婚することを『純愛』と称えて他の人をそそのかすのは、パートナー選びの競争相手を減らすためだ。

お金を稼げない男の特徴
フリーエージェントくん編より(30~32巻) お金と人の性質は似ている。 他人が寄ってくる人には、お金も集まってくる。 反対に、人に好かれない人はお金にも好かれない。 お金が無い人は、余裕がないから態...
生きるのが辛いブスのみほ
サラリーマンくん編より(10~12巻) インドのナンに毛を被せたような顔をしている女性みほ。 出会いカフェでも男に選ばれる事なく、劣等感を募らせている。 そんな彼女の難易度が高めな人生。 ...

 

弱者男性・女性を誰かに押し付けて、自分たちより下位の家庭を増やすことで中間層は浮上する。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

ダメ人間宇津井の同級生の橋本
フリーターくん編より(7~9巻) 夫婦が離婚するのは、性格のすれ違いなんかではない。 そもそも最初から向き合ってなどいないのだ。 人間の心は自由を求めている。 だが遺伝子は乗り継いでいく箱として、子供...

 

ヤンキーは滅びない

一般人の階層では感情をあらわにすると周囲に一線を引かれるから、感情を抑えた冷戦の中で生きている。

そんな一般の人々はミニバンに乗って感情のままに振る舞うヤンキーに、自分たちから失われた原始性を見ている。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん32巻」小学館

 

直情的で後先を考えずに動ける人間は、国を維持するために一定数が必要だ。

例えば清国の水兵が長崎で暴動を起こした際、警察に加勢して戦ったのは荒っぽい人力車夫の一団だった。

現代であれば不良外国人に対する番犬となるのが、日本の固有種のヤンキーだ。

 

ケンカっ早い気質というのは遺伝としてどこかにプールしておかなければならず、その役割を担っているのがヤンキーだ。

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん18巻」小学館

役に立たない多様性は淘汰されるが、社会に欠くことができないヤンキーは決して滅びない。

 

お願い

X(Twitter)の更新が少なくてポストが露出されにくいため、それを改善するために『いいね』を押していただけると大変たすかります。