汚い言葉遣いの愛沢の嫁

愛沢の嫁が罵る 若い女
出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

ヤンキーくん編より

愛沢曰く、ブスで一緒に住んでいるだけの女こと、愛沢の嫁。

一児の母だが、お母さんらしくない汚い言葉遣いをする

スポンサーリンク

汚い言葉遣いの女

愛沢が後輩を引き連れて、妻子と住んでいる狭いアパートに帰ってくる。

愛沢がドアをしつこくガチャガチャする。

嫁と泣く子ども

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

「何よぉ!!

カギ持ってるだろォ!?」

こういう女は、「カギ持ってるでしょ」とは言えない。とにかく語尾が汚い。

後輩が見ている手前、愛沢は自分を立ててほしいと思う。

だが愛沢の嫁は、元気いっぱいにブチ切れる

愛沢の嫁と子

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

その言葉遣いが全て汚い。

こういう女は攻撃的な単語しか知らないで育ってきている。

他人を攻撃する事しか、意志表示の方法を知らないのだ

恐らく、好意的な時でも憎まれ口しか出てこないタイプ。

愛される事が怖いから、自分から攻撃的になってしまう。

いつもがなり立てるから、赤ちゃんも絶叫のような泣き声になっている。

男選びを失敗

愛沢が結婚したのは借金がありすぎて、名前を変えないと新たに借りられないからだ。

嫁の姓になって、再び借金をする目的で結婚をした

子供も、誰の子か分かったものじゃないと思っている。

愛沢は嫁の事を一緒に住んでいるだけで、捨てようと思えば生ゴミより楽に捨てられると言っている。

生ごみは週二回の収集だが、嫁は毎日捨てられると。

愛沢もひどい男だが、この男を選んだ嫁もどうしようもない。

子供がいるのに言葉は汚いままで、髪は染めているが根元が黒くなっていて見苦しい。

こういう所にだらしなさが出る。

子供の前でも平気で口論する

子供の目の前で、愛沢と口論をする。

こういう所を子供に見せるものではないでしょうに。

子供にとって親のケンカは非常にストレスになる。

自分の世界が壊れる恐怖に襲われるからだ。

だが、愛沢も嫁もそんな事に気が回りはしない。

両方とも、動物のように直情的だからだ

殴られる嫁

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

テンパッた愛沢に殴られる嫁。

愛沢と一緒にいたら、愛沢がフカシだけで実際は器が小さいとわかるだろうに。

愛沢の嫁も器が小さいので、相手を受け入れず攻撃一辺倒しかない。

それで、こういう人にお決まりの

死ねと言い合う

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館

「死ねっ」

の言い合い。

だったら最初から結婚しない方がいいのに。

寂しいなら、お互いにやさしくすればいいのに。

悲しいかな、攻撃する事しか知らない。

自称、曲がったことが嫌い

こういう女は、曲がった事が嫌いと言ったりする。

だが、外見や言葉遣いからわかる通り規律はない。

彼女の言う曲がった事というのは、自分の基準に合わない事の全てだ。

曲がった事が嫌いなら、まず他人に対して攻撃的な言葉を治すべきなのだ。

物事の認知が曲がった人は、自分の正義が世の中の絶対だと信じて疑わない

こういう直情型の人間は、身なりと言う事にギャップがある。

愛沢のようなクズを選んだ時は、恐らく男気があるからだとか、そんな理由だろう。

他人に対してワガママを押し通すのが男気だと思っているので、はた迷惑な事である。

愛沢の嫁のような女は、今日もどこかで汚い言葉を使って、子供の後ろ髪を伸ばして生活している。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い女
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学