名場面

ウシジマくんの名場面は、胸が痛くなるほどリアルだ。

世の中で地獄を見ないための知識が詰まっている

読んだ後に、現状の自分の無事を幸せに感じる。

名場面一覧

名場面

治安が悪い街の特徴~ウシジマくんの地元~

ウシジマくんの地元が特定しにくいのは、いくつかの街が合成されているからだ。 治安の良くない街で育つというのはどういう事なのか、街の特徴と共に見ていきたい。 治安と不動産価格には相関関係があり、地価の分布に沿って人の生息域...
名場面

ヤクザが絶対に折れない理由

一般人は社会と折り合いをつけて暮らしている。 だがヤクザは一切折れることなく、"ややこしい人"として生きている。 なぜ、ヤクザは些細な事でも折れようとしないのか? ヤクザが絶対に折れない理由 日付が変わった深...
名場面

ヤクザはカタにハメて教育する

ヤクザは、街で騒動を起こすだけの者をハンパ者と言って蔑む。 人間としての筋が通っていない、人未満の存在だと。 一般人から見たら大差ない存在なのに、ヤクザの自負はどこからきているのか? ヤクザは型枠作りから教育する ウシジマく...
名場面

漫画闇金ウシジマくんの繊細な感性

ガサツな感性の人はウシジマくんの派手なコマだけを見て、暴力漫画と決めつけます。 実際は繊細な感性によって描かれており、普通の人が切り捨てる、ダメ人間たちが抱える問題の本質を教えてくれる人文学です。 「あら、可哀そう」とい...
名場面

闇金ウシジマくんの細かい描写

歌舞伎町周辺の路上。 ゴミを捨てているはずなのに、罪悪感を紛らわすためか一段高い所に陳列のように置く。 モラルのない歌舞伎町で、わずかに残る罪悪感との葛藤の描写。 人間の二面性をあらわしている。 闇金ウシジマ...
名場面

ヤクザの豊富な語彙力

ヤクザは学はないが、語彙力は豊富だ。 それも日常から生まれた独自の単語で、ユーモアにあふれている。 自分を賢く見せようという欲がないので、横文字のようなイヤらしさがない。 実用的で言葉自体の有用性が高いので、虎の威を借りる...
名場面

ヤクザが演じる茶番劇

ヤクザが要求をする時、そこには茶番劇が繰り広げられる。 だが暴力だけは本物で、迫力がある。 パワハラに厳しい現代、そんな事ができるのはヤクザだけだ。 人の感情を揺さぶって、つけ入る隙を作って要求をねじ込む。 強引な台...
名場面

貧乏人が太る理由

評論家は 「貧しい人が食べるものは安いジャンクフードが多いので太る」 と、それらしい説明する。 だが評論家が無理やり社会構造のせいにしたがるのは、そうしないとお金にならないからだ。 自分は悪くないと思いたいデ...
名場面

電話にすぐ出ないと激怒する人たち

電話の緊張感は独特だ。 呼び出し音が鳴っている間、相手が出るかどうか、少しの期待と不安が入り混じる。 だが世の中、自分が電話をしたら100%相手が出ないと激怒する人たちがいる。 箸が転がっても激怒する肉蝮さん 路地裏に立って...
名場面

ヤクザは情で支配する

最近の出来の悪いドラマは、Vシネマをみてヤクザを描いているようで単純すぎる。 いつもずっと強面で、曲がった事が大嫌いみたいなウソ臭いキャラ。 実際はヤクザも人間であり、ふざけた所があり、日常生活だってある。 普通の...