ダメ人間宇津井の同級生の橋本

橋本と嫁 おじさん
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

フリーターくん編より

 

夫婦が離婚するのは、性格のすれ違いなんかではない。

そもそも最初から向き合ってなどいないからだ。

 

人間の心は自由を求めている。

だが遺伝子は乗り継いでいく箱として、子供を必要としている。

 

冷徹な遺伝子は人の心を惑わせ、年頃の男女を引き合わせて、互いに愛情を抱いているよう誤解させる。

 

そして男と女は一時の気の迷いで結婚をしてしまう。

 

子供が産まれて遺伝子の主役が子供に移ると、シラフになった夫婦は気がつく。

結婚なんて、したくなかったのだと・・・

スポンサーリンク

三十代で二児の親、橋本夫妻

遺伝子は子供に乗り換えると、夫婦を男女の関係ではなく子供の世話係の同僚にしてしまう。

 

夫婦は子供が生存競争に有利な大人に成長するよう、働きアリのように役割分担をして子育てをする。

 

父親は教育資本を稼ぎ、母親は子供の生命に注意を払う。

嫁が専業主婦の橋本夫妻は、まさにこの形だ。

 

東京に住めない人がやせ我慢をして暮らす、神奈川県のショッピングモールのフードコートで橋本は小学校時代の同級生の宇津井に会った。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

橋本が30代でキャップにパーカーなのは、嫁と結婚した20代の時にファッション感覚が止まったからだ。

 

もうメスにありついたから、めかしこむ必要はない。

 

これは橋本が、他の女に種をつけるタイプではない事をあらわしている。

 

複数の女に種をまくタイプの男

橋本とは違って複数の女に種を蒔くタイプの

チンピラの男に、関係のある女から電話がかかってきた。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

「え!! 妊娠した?

マジかー、おめでと。

おーおー産んじゃえよ。」

 

と軽い感じで、その場で名前を決めだす。

これはハムスターの話ではなく、底辺界の子供の話である。

 

男なら『波動拳』と書いてつよしで

女なら『蜂蜜』と書いてハニーと読ませ、ヤリマンにならないよう育てろと言う。

 

底辺界では、小学生がプレイするドラクエより適当に名前がつけられている。

 

「え?結婚はしねェーよ!

お前、ヤリマンだから結婚は嫌だし。

一人で勝手に育てたら?

そんじゃ。」

 

男はヤリマンとの交配は好むが、婚姻は好まない。

 

種をばら撒くタイプの男の子どもは、充分な援助を受けられないから野良犬のような道を進む事になる。

 

関連:ののあの甥

関連:シンママルミナの子供たち

 

嫁は不機嫌になるもの

橋本は着飾って新たなメスを手に入れるのではなく、産まれた子供に資本を集中して質を上げるタイプだ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

これは橋本自身が、母親に中学から私立に入れられた影響もある。

母親の方が子供に対して熱心なのは、人間に限った話ではない。

 

構造的にオスは、精子を出すだけなので子供を100人でも残す事ができる。

それに対しメスは遥かに少ないから、産まれた子供を大事にする。

 

男は本当はサル山のボスみたいに、育児そっちのけで多くのメスに種つけしたい

橋本は自分の中のオスを抑えて、こうして休日のフードコートに家族を連れてきている。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

ここで無職・ときどき日雇いの宇津井に会う。

 

我慢をして生きている人が、自由なナマケモノにヒドイ目に合わされるのが世の常だ。

橋本の嫁の旧姓水野結花も、宇津井の同級生で互いに存在は知っている。

 

会話をしてすぐに、空気が読めない発言をする宇津井。

 

「奥さんの水野もスゲー変わったねー。

ビックリしたよ。」

 

奥さんはひきつりながらも、

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

「子供産むとね~~~~

体型変わっちゃうからね~~」

 

「つーか、変わり過ぎ。(ニコッ)」

 

宇津井は失言の上に、平気で失言を重ねる。

お菓子のウエハースのように軽い気持ちで雑言を重ねていく。

 

悪気はないが、気遣いもない。

 

イラッとする嫁。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

「うっ……

宇津井、今、何してるの?」

 

橋本は話題を変えるが、奥さんの中では、

 

(こんな友達がいる、夫が悪い)

 

と、橋本の失点になっている。

嫁というのは、箸が転がっても橋本(夫)が憎い。

劣化する男女

小学校の頃は宇津井の初恋の相手だったのに、水野結花はどうしてこうなったのか?

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

髪は切れないキッチンバサミで、引きちぎるように切っているのだろうか?

 

結花はもう子供が二人いるから、色香を振りまいてオスを引き寄せる必要はない。

それは夫の橋本も同じだ。

 

この夫婦の遺伝子は次代の子供を主役とし、親はただの子供の養分になっている。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

子供が出来る前に気がつく夫婦

 

ここで結婚直前の、別の夫婦をみてみよう。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん26巻」小学館

 

勢いで結婚すると、一緒に住んでから相手の人格がわかって、

 

掛け合わせてもロクな子供が産まれない

 

という事を悟って、険悪な関係になる。

 

早ければ結婚式で友人たちのグダグダの宴会芸を眺めている内に、ダメな相手かも知れないと思いはじめる。

 

とりあえずプロポーズイベントをクリアすると自信がついて

 

『もっと条件が良い相手と結婚できるのではないか?』

 

となって、目の前の相手が色あせてマリッジブルーにもなる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん26巻」小学館

 

ポーカーのようにシャッフルして、もっと良いカードがくるのを狙いたくなる。

冷徹な遺伝子は常に自分が有利な乗り換えができるよう、人間というコマをもてあそぶ

 

関連:上原みゆきで知る、離婚しやすい夫婦

 

絞られる夫

日雇い派遣の宇津井が帰った後、嫁はすぐに自分の子供の将来を案ずる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

「うちの子があんなふうにならないように、

私立の小学校通わせないとね。

子供時代につき合う人間って重要よ。」

 

先ほどの失点、橋本が宇津井の同級生だった不満も混ぜている。

結花も宇津井の同級生だが、都合の悪い部分は加味しないのが嫁の裁判だ。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

「でも小学校から私立だと、家計が成り立たんだろ?

家のローンで いっぱい いっぱい なんだぜ?」

 

橋本の収入は、宇津井に言った

「得意でもねー仕事やってっけど」

 

の言葉からすると、収入的には多くないだろう。

一馬力で子供二人と家まで買ってスペック的に限界だから、エンジンはすでに悲鳴を上げている。

 

だが遺伝子の中心は既に子供だから、橋本は菜種油のように搾り取られるだけの存在だ。

それを遺伝子は嫁の口を借りて言わせる。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

「じゃあ、あんた、

土、日バイトでもしてよ!」

 

「カンベンしてくれよ! お前が働けよ!」

 

「何言ってるの?

子育てあるのに!

私の実家から仕送りまでさせといて

ずーずーしいわよ!」

 

休日に家族サービスで連れてきたフードコートで、誰がこんな会話をしたいだろうか?

だが嫁からすれば、フードコートにしか連れてこれない橋本の財力に不満を抱いている。

 

先進国では教育資本を集中した方が、子供は社会で有利になる。

その結果、子供は条件の良い相手と遺伝子の掛け合わせができるようになる。

 

先進国は量より質の勝負で、高いレベルの教育や医療を施すほど、勝ち残る確率が上がる。

子供に全力を注ぐ嫁からすれば、十分な財力のない夫は、働きアリとして失格だ。

 

呼吸をしているだけで腹立たしい。

 

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

「食器のプレート、片づけといて……」

 

フードコートから立ち去る嫁。

子供たちはしっかりと母親の側についている。

 

残された橋本の、この顔。

 

闇金ウシジマくん8巻54

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん8巻」小学館

 

どこ見てるの?

他にあったかもしれない、幸せな人生の光景を見ているのかもしれない。

 

子供が成人する頃には、他のお父さんと同様に、搾りカスのようになっているだろう。

若さの名残りのキャップが、ひときわ哀愁を誘う。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

おじさん
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学