ダメ人間の宇津井優一

だらしない宇津井 おじさん
出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん7巻」小学館

フリーターくん編より

登録型派遣のバイトでお金を稼いではパチンコで失っている、宇津井優一。

35歳フリーターで実家に住みながら、親を避けている。

 

半分ニートで肩身がせまく、親に定職につけと言われるからだ。

左が宇津井優一。無精ひげにしまりの無い作業服の着方が隣の若いバイト仲間と対照的。

髪型も伸びるに任せている感じで、毛先がふぞろいだからハサミでセルフカットだろうか?

 

体力がなくて重い荷物が持てず、一緒のバイト仲間に肩代わりしてもらう。

 

荷物を代わりに運んでもらう

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん7巻」小学館

 

そういう場面を現場監督に見られているが、宇津井は気がついていない。

 

宇津井がダメな理由

宇津井は自分に甘いので、他人の怒りが理解できない。

 

お茶を飲んだ宇津井優一

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん7巻」小学館

 

仕事ができないのに差し入れの飲み物は、缶コーヒーばかりの中に1本しかないペットボトルのお茶を真っ先に取ってグビグビ飲んでしまう。

 

「ぷはー、生き返るー」

 

じゃないよ

仕事ができないんだから、そこはせめて遠慮しようよ

 

一連の流れから現場監督に怒りをぶつけられるが、宇津井は自分が怒られる理由を理解していない。

単に柄の悪い監督に因縁をつけられたと思っている。

帰り道、バイト仲間に監督の悪口を言って

 

「どうせ風俗しか頭にない下流だろ!そー思わない?」

 

と同意を求めるが、バイト仲間に

 

「あんた、人生なめてない?」

 

と言い放たれる。

だって他人を下流だの言えるザマじゃないでしょう。

他人をこき下ろす事で、自分が正しいと思いたがるダメ人間の性。

 

バイト仲間の事も人生なめてない?と言われて、すぐに嫌な奴と判定し、一緒に働きたくないので明日の仕事をキャンセルしてしまう。

ダメ人間か否かの境界線は嫌な事があった時に、立ち向かって克服するか逃げるかだ。

 

宇津井は、2択でずっと楽なルートを選んできたから今がある。

宇津井の仕事選びも、そんな感じだ。

宇津井家では父親の影が薄い。

 

仕事はまじめにしていたようだが、家庭の事は気弱な母親まかせにしてしまったので、宇津井も芯のない大人になってしまった。

漫画のキャラクターと言っても、ちゃんと親が居てどういう家庭環境で大人になったのかという軌跡がちゃんと存在する。

 

これが、話しの都合で支離滅裂な性格を割り当てられる出来損ないのドラマと違うところ。

宇津井はちゃんと、一貫した人格を持っている。

闇金ウシジマくん(7) (ビッグコミックス)
真鍋昌平
販売元(Amazon.co.jpなど)

ギャンブルで最底辺に落ちる宇津井優一

お金を失う宇津井

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん7巻」小学館

1日働いて稼いだ金を、10分のパチスロで失ってしまう。

さらに消費者金融でお金を借りてパチスロで失う。

ギャンブルで借金をする人は先の予測に気が回らず、返済時の事があまり頭にない

 

だから将来のことも思い描けない。

現実を忘れたいから、何も考えないで済むパチスロにのめりこむ。

こんな宇津井が生きていられるのも実家暮らしのおかげだけど、それが根底から崩れる事になる。

宇津井の親がウシジマくんらに騙されて、宇津井の生活も最底辺に落ちてしまう。

 

親が自分を守ってくれる存在ではなく、逆に宇津井が守ってやらなければならない状況になってしまった。

 

底辺まで落ちた人間に救いはあるのか?

病院へ見舞いに行く宇津井

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん9巻」小学館

母親が入院する病院に行く宇津井優一。

いつの間に母親が小さくなった事に気が付く。

自分が上手くいかない事を、親にぶつけてごまかしていた。

 

だが、その親が倒れてしまった事で、長いお子様時代は強制的に終わる。

フリーターというあいまいな存在で生きてきたツケが、重くのしかかる。

35歳・スキル無しから、社会人デビューしなければならない。

 

実社会でも、最後まで文句を言い続けて這い上がろうとしない人もいる。

瀬戸際で頑張れる人が、人生の方向性を変えられる。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

おじさん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学
タイトルとURLをコピーしました