出会いカフェに通う気持ち悪いおじさん

出会いカフェのおじさん おじさん
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

出会いカフェくん編より

出会いカフェとは、女の子が集まるカフェスペースを、マジックミラーで覗いて男が物色をする施設。

 

気に入ったコがいたら、お金を払って店外へデートに誘えるシステム。

マジックミラーで女の子を舐め回すように見るという段階で、かなりおぞましい施設だ。

 

そこに集うおじさんたちの生態。

おじさんが気持ち悪いのは何故か?

マジックミラーで覗いているおじさん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

出会いカフェに出入りするおじさん達は、かなり気持ちが悪い。

出会いカフェに通うから気持ちが悪くなっていくのだろうか?

それとも、気持ちが悪くて女性に相手にされないから出会いカフェに入り浸るのか?

答えは両方の相乗効果。

 

気持ち悪い人は正攻法では女性に選んでもらえない。

そこで出会いカフェに通うのだが、ますます歪んでいく。

 

関連:風俗の客がキモい理由

 

まず、こういうおじさんたちは若い頃から気持ちが悪い片りんはあった。

外見・容姿の事だけではない。

恋愛は高度なコミュニケーションなのだが、女性との距離感が最初からおかしい人がいる。

 

鼻息荒く、その段階でもないのに突然距離を詰めて女性を怖がらせる。

女性が抱く気持ち悪いという感情には、恐怖も含まれている。

出会いカフェで、女性とのトーク権利を早いもの勝ちで手に入れた男。

 

手に入れると、子供のように

絶叫するおじさん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

 

「シャーラ タンタン ターーン!!」

 

と、自分でファンファーレを絶叫している。

子供の中でも、感情を抑制できずに暴れだすようなアブナイ子供。

この男は大人になっても、抑制できないままでいる。

 

女性より力が強く、突如として暴走してしまうので爆弾岩が近くにいるような居心地の悪さを女性に与える。

半袖のヨレたYシャツに、首からケータイをぶら下げている。

 

更に胸ポケットにペンや2台目のケータイをギュウギュウに詰めている。

カバンはリュックを背負っていて、靴はボロボロのスニーカー。

 

お使いを頼まれた子供のような恰好で、どこでも外出する。

この事からわかるように、社会人のなりそこないで経済的にも出来損ない。

 

中年太りが始まった体型で、わんぱく少年のような服装がミスマッチだ。

では内面は少年のようにピュアだろうか?

否。

大人の汚さと子供のこらえ性の無さという、悪いとこ取りした存在。

人並みに性欲はあるのに、人とのコミュニケーションがとれない為にひどく歪んでしまっている。

 

鼻息が荒いおじさん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

 

女性との2ショットルームに入るだけで、

『フーッ フーッ』

と荒い息遣い。

こういう人は、呼吸とか目の動きのコントロールができない。

 

鼻息や目も相手に感情伝達する手段だが、こういう人は意識できない。

蒸気が噴出したり、首が一回転してしまうポンコツロボットのようだ。

本人が女性に好かれようと努力しているなら、まだ希望はある。

 

だが、度重なる失敗であきらめて方針転換している。

どうやっても嫌われるので、女性の事を魂のない物体として扱う事にしている。

 

ホテルへの誘いを断られ、食事だけという女性に

「メシ豚女かっ!!」

と激怒する。

 

罵るおじさん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

 

自分の要求が通らないと、5歳児のように怒りを爆発させる。

この辺りが、意思疎通ができない男らしい。

 

こういうコミュニケーション能力が低い人が、出会いカフェに集まる。

人に好かれたりする必要がない出会いカフェでは、お金の交渉だけで済む。

マジックミラーごしに女の子を選んで、金額の話だけなのでキャバクラよりもコミュニケーションがいらない。

 

豹変するおじさん

出会いカフェのルームで交渉しないで、とりあえず食事に連れ出すおじさん。

街を連れ立って歩くのだが親子には見えない。

女の子は内心で、周囲の目を気にして恥ずかしく感じている。

おじさんは無神経で、そんなのは気にしない。

 

おじさんと若い女

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

褒めて好印象をもらうつもりなのか

「キミ、可愛ィねェー」

と媚びる。

 

これは、若い女の子からしたらガマガエルに舐められるくらい気持ちが悪い。

可愛いとか、おじさんに性的な目で見られた感想を言われるとゾッとする。

おじさんは女の子に食事を食べさせて、褒めていれば抱けると思い込んでいる。

 

だが、女の子にしてみれば我慢して食事と、つまらない会話に付き合っている。

だから女の子は店外デートだけでお金を取る。

おじさんは更に、女の子の手を握ってホテルに誘うが断られる。

 

媚を売ってお願いしていたのに、女の子に断固拒否されると態度が豹変する。

罵るおじさん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

「貧乏人の娘」

 

と罵って、店外デート代を道にバラまいて拾わせ

 

「コジキだな。ハハ」

 

と言って去る。

女の子に好かれていないどころか、大いに嫌われている。

そんな女の子たちにお金で付き合いを求めても、虚しさは募るばかりだ。

出会いカフェの男女は憎しみ・軽蔑し合っているのに、お金を媒介につながっている。

 

おじさんが性的な対象でない生物的な理由

加齢臭や、その手前の脂臭が出る事だけとってもおじさんは嫌われている。

たまに、おじさんの加齢臭が好きという若い女性は、計算か精神が病んでいるかのどちらかである。

 

生物的に臭いが若い女性に嫌われるようにできている。

おじさんでなく、若いオスが種を残すように促しているのだ。

 

臭いで群れの隅に追いやられる。

さらに遠くからでもわかる臭いで、肉食動物の犠牲になって群れの損害を防ぐ。

 

人類のDNAの中に、おじさんが嫌われるよう組み込まれている。

おじさんになったら念仏を唱えてでも、あらゆる事に耐えなければならない。

 

出会いカフェに来る女の子も大概、気持ち悪い

下品な若い女

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん13巻」小学館

出会いカフェでは、女の子はドリンクとかお菓子が無料だ。

更におじさんとデートすれば報酬が入る。

その上でおじさんの事をキモいと言う。

 

関連:中年のおじさんは、どうしてエロくてズルいのか?

 

女の子も浅ましいし不潔感もあって、十分に気持ちが悪い。

外見はおじさんよりマシかも知れないが、内面の腐り方は出会いカフェのおじさん達と変わらない。

 

おじさんのお金にたかる浅ましい自分を、おじさんが気持ち悪いと見下す事で紛らわせている。

同じレベルの男女が泥仕合を繰り広げる場所が、出会いカフェ

 

関連:お金にがめつい女たち

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

おじさん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学
タイトルとURLをコピーしました