生きるのが辛いブスのみほ

ブスな顔 若い女
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん12巻」小学館

サラリーマンくん編より

なんだか、”にょーん” とした顔をしている女性みほ。

 

出会いカフェで選ばれる事なく劣等感を募らせている。

そんな彼女のハードモードな人生。

 

ブスが責められるのは理不尽

ブスの数だけブサイク男もいるはずだ。

しかし、男の場合は体力や収入と言った免罪符が用意されている。

仕事にしても、一般職種でも女性を顔で採用している会社がある。

 

受付嬢や秘書は昔からそうだったが、一般職種でも美人が有利だ。

美人がいると、それを意識して男性社員のパフォーマンスが上がるのだとか。

これらは公然と求人資格に載っていない分、落とされる女性が増えて無駄に傷つけられる。

 

もっと厳しい現実として、冷徹な調査結果がある。

美人と不美人の収入格差を調査した結果、金額にして3,000万円超の差が生まれるのだという。

 

実際、みほが出会いカフェに稼ぎに来たのは、パチンコ屋の仕事で腰を痛めて以来無職のためだ。

事務や工場の職には、派遣でも就くことができない。

せめて髪型くらいはどうにかすれば良いのに。

 

作業着みたいな服

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん12巻」小学館

 

文房具のハサミで、自分でセルフカットしているかのようなザク切り感で、顔を全然フォローしていない。

 

服もなんだか作業着みたいだ。

子供の頃から毎日のように鏡を見ていると、見慣れているため自分の顔がブスだとは思いにくい。

それが成長してくにつれて、周囲の態度が美人と違う事で、自分がブスなのだという事を突きつけられる。

 

他人に対して攻撃的でない女性でも、容姿によって蔑みや悪意をぶつけられる。

これほど理不尽な事はない。

 

道を歩いていてブスと言う男は、通り魔と変わらない。

こうしてどんどん、心を削られていく。

 

関連:貧乏人が太る理由

 

中身もネガティブ

悪友の板橋に連れられて出会いカフェに来るようになったサラリーマンの小堀は優しい男だ。

誰でもいいから話したかったので、みほをトークルームに呼んだ。

 

みほのプロフィールは、

趣味:カラオケ
性格:ふつー

 

プロフィールにさえ、行動的な要素はなく無気力だ。

カラオケで何を歌うのだろうか? 知りたくはない。

 

みほはいきなり、自分のネガティブ情報を語る。

 

「人から言わせると天然。つーか、いじられキャラなんですよォ。」

 

全然、可愛いらしい言葉遣いもできない。

天然でいじられキャラという事は、頭が悪くてバカにされているという事だ。

 

「たまたま仕事探しててぇ~~ えーえー。」

 

ちゃんと話してほしい。

それに、仕事を探していたのはたまたまではない。

 

容姿の不利と、しゃべり方の印象。それに中身の無さから採用されないのは必然である。

この中身の無さがブスの虚しさゆえなら、不公平な世の中に責任がある。

 

貧乏神っぽい雰囲気

みほはネガティブな話しかしない。

サラリーマンで、ストレスを抱えた小堀には辛い。

みほは29歳だが、彼氏の話は23歳の頃のものだ。

 

そこまで遡らないと恋愛エピソードがない。

その彼氏がすごく嘘つきだったので、男性不信なのだと言う。

本当に彼氏だったのだろうかと疑問が生じる。

 

23歳の女という肩書だけで、予備としてキープされていた。

だから他の本命が優先されていたので、みほには嘘をついていたのではなかろうか。

いきなり仕事がないとか男性不信の話をして、小堀の精神力を削っていく。

 

ネガティブのおすそ分け。

小堀は優しいから

 

「きっと、ここに来たら、もっと男性不信になりますよ。みんな嘘つきだし・・・」

 

と言う。

それに対しみほは

 

「気をつけますぅ・・・ でも、火遊びしなければ・・・ふっふっふっ」

 

と、いきなり不気味な事を言った後で売りの話をしてホテルに誘う。

鬼気迫る表情で

 

鬼気迫る表情

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん12巻」小学館

 

「ダメですか? 私じゃダメですか?」

 

と畳みかける。

関わったら不幸が感染しそうな話をしていたのに、一気に距離を詰めてくるのが怖い。

小堀は謝って断る。

 

謝る小堀

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん12巻」小学館

 

美人と同じような言葉を言ってはダメだ。

美人が言う火遊びと、みほが言う火遊びは意味が違う。

 

みほの場合は恨みから本当に放火しそうな意味に聞こえる。

美人・ブスというだけでなく、不気味という要素をのっけてしまっている。

 

関連:出会いカフェに通う気持ち悪いおじさん

 

美人と同じ土俵で戦わない

選ばれない女

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん12巻」小学館

 

彼氏がいないからと言って、合コンに行ってはいけない。

美人と真っ向勝負になるような状況は避けなければいけない。

大げさに言えば、合コンではなく滝行に行くくらいの飛躍が必要。

 

なまじ合コンに参加して、美人との差をつけられて負のオーラをまとうくらいなら、解脱をする方が良い。

適当な男と付き合って男性不信になるくらいなら、誇り高い孤独を選ぶべきだ。

 

仕事に打ち込み、ネガティブな要因も拾わなければ、いつか小堀のように優しい男を手に入れられるかもしれない。

わざわざ自分に不利なフィールドで闘って、傷つく必要はないのだ。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い女
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学
タイトルとURLをコピーしました