中年の恋愛は気持ち悪い

イチャつく野村とギャル代 おじさん
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

テレクラくん編より

42歳でギャルファッションのギャル代(吉永美代子)と、腹の出たおじさん野村の気持ち悪い恋愛。

中年が恋愛ではしゃぐのが気持ち悪いのは何故なのか?

自由とは言え、大人は分別が必要。

スポンサーリンク

中年の恋愛はねっとりしている

中年の恋愛には爽やかさがない。

そこには、中年になってたまった人生の老廃物みたいなものを、誰かになすりつけようとする姿があるためだ。

若作り

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

「私ならまだ30代でいけるな!!」

⇒いけない。

若作りが痛々しいギャル代。

若々しいファッションというのではなく、毒々しいファッションになってしまっている。

自分の一番いい時であったのだろう頃のファッション。

いつまでも未成熟なままでおばさんになってしまったのだ。

未成熟なだけでなく性格も悪質なため、実の娘さえ距離を置いた。

だけど寂しいから、自分の客の一人の野村を個人的に必要とした。

野村に部屋の蛍光灯を変えてもらったり、安い花をもらっただけで、野村と商売抜きで付き合いはじめた。

この付き合いというのも気色の悪いもので、年相応の落ち着きがない。

ハシャぐギャル代

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

人の自由とは言え、やっぱり違和感のある光景というものはある。

野村は離婚歴があり、今は再婚して子供がいるのにギャル代と関係を持っている。

純愛要素のカケラもない。

これが中年の恋愛の気持ち悪い所。

ドロドロしすぎでオイリーな感じに胃がもたれる。

ギャル代に安い花とか、1000円のニセ純銀ネックレスを上げたりして機嫌を取り、その都度、万単位の金を借りる。

自慢する野村

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

ギャル代はウシジマくんから金を借りているのに、ぽんぽん貸してしまう。

野村は金の事を同僚に自慢している。

こういう中年だから、立ちションベンも平気でする。

悪い顔

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

立ち振る舞いが野良犬のよう。

中年の恋愛は、最後は泥仕合

野村がお金を必要としていたのは、若いスナックホステスに貢ぐためだ。

野村みたいなのはギャル代くらいしか落とせないのだが、妙な自信がある。

自分がおじさんになったという自覚がなく、いつまでも若い女に相手にされるものだと思っている。

だから行動が大人としての分別がなく、見苦しい振る舞いをする。

娘を利用する

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

ギャル代も自分の娘が病んでも、利用しようとするのは変わらない。

二人とも自分の事だけしか考えられない。

こんな二人がまともな恋愛関係のはずがない。

ギャル代は自分の寂しさを埋めるために、妻子ある野村に依存する。

野村は若い女に貢ぐため、金づるとしてギャル代を利用する。

中年の恋愛は、恋愛の形をした泥仕合だ。

だから見ていて気持ち悪い。

野村とギャル代のケンカ

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

結局、野村がギャル代を利用しているのがバレて、こういう人たちにお決まりの、殺せだとか死ねだとかのやりとり。

中高年になると人格も固まっているから、他人が入り込む余地がなくなる。

だから相手と融合して家族になるのではなく、条件や利害でつるむので、最後は衝突が起こる。

 

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

おじさん
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学