おばさんなのにギャル代(よ)

ハデな服装のおばさん おばさん
出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

テレクラくん編より

いい歳をして、ギャルのような恰好をしているおばさんの吉永美代子。

同じような女たちからギャル代と呼ばれている。

生業はテレクラを使ってホニャララして稼いでいる。

スポンサーリンク

自己破産の額が少なかったと後悔

文句を言うギャル代

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

過去に150万円の借金で自己破産しているが、もっと借りてから自己破産すればよかったと後悔している。

後悔するポイントそこ?

この時点で、他人に迷惑をふっかぶせようとする精神性がうかがえる。

パチンコ台のために急ぐ

そんなだらしない性格なのに、至るところで急ぐ描写がある。

ホテルの清算機に、トロいと言ってガンガンしたり。

何をそんなに急いでいるのかと言うと、お金ができたらすぐにパチンコ台に突っ込むためだ。

パチンコ常習者は金をつぎ込んだ台から、溜まった分を回収するために、台を離れる時は何か物を置いて場所取りをしている。

電車の踏切で待たされるカットが秀逸。

普通の社会生活をしていたら、待たされる事などザラにあるのに、ギャル代は我慢ならない。

奇声を発するおばさん

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

発狂して「ギョオオオエエエエッ」と叫んでしまう。

おばさんなのに絶叫って、ギャップが強烈。

社会のルールに適応できない人というのを、この狂気で表している。

自分がずっと金をつぎ込んでいた台に戻ると、ほかの客が大当たりでドル箱を重ねていた。

他の客がパチンコ台に座っている

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

席を外す時間が長すぎて、場所取りが無効になったのだ。

発狂するおばさん

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

狂気の表情で「どろぼーっ!!」と叫んで暴れるが、店員に抑えられる。

物事の認知が歪んでいる人って、自分には非がないと信じ込んでいるから、心の底から泥棒って叫べるんですよね。

たまのパート先でもひどい事

たまにスーパーでパートをしているが、ひどい勤務態度だ。

弁当を盗む

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

箱の下に弁当を隠して、それを盗んでいる。

自分が本来もらうべき給料の足りない分だと言って正当化して、不足分を盗んでいる。

ビールを盗まなかった事に気が付き、自腹で買う事に憤慨しているから救いようがない。

おばさんだけど、行動は壊れたギャルだ。外見と内面は一致する。

さらに遅刻を注意した店長の事を、客を装い本部にクレームの電話を入れている。

遅刻を改めるのではなく、あくまで他人を攻撃をする。

こんな非生産的な事ばかりするから、生活はいつまでも向上しない。

お金がないはずなのに、一人カラオケで3万円使ってしまう。

このあたりの金銭感覚も、リアルなダメさ加減。

ダメな人たちって安い外車を買って維持費が大変とか、タバコスパスパ。

こんなの多くありません?

こういう人たちって、一歩先の未来の事を考えられないんですよ。

物事の因果関係が頭の中でつながらない。

だから昆虫のように目の前の事に対応するだけで生きる。

中高年の色恋は油っこい

キャル代には好きな男がいる。

同年代のおじさんで、安い花一凛でギャル代から3万円を借りたりする。

中年の色恋って、いろいろと油分が多めでコッテリとしている。

本能的に相手を求めるのではないので、サラッとした爽やかさがない。

周囲に敵対的な態度をとっているのに、ギャル代の本音として

「一人ぼっちはつらい」というセリフがある。

寂しいという感情はあるのに、人に受け入れられる方法がわからないままに生きてきてしまった。

安っぽい恰好のおばさん

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

安いジュエリーをおじさんにもらって舞い上がり、5万円を貸してしまう。

5万円をポンと貸せるのに、ファッションはビニールっぽかったりする

安っぽいのに目立つものばかりを取り込むので、異様さが悪目立ちする。

人の内面は外見に表れるもの。

闇金ウシジマくんは、それをリアルに再現している。

他人を責めるのが大好き

人を責めるおばさん

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

他人を責める時は嬉々として責める

もう魔物の域に達した顔をする。

こういう人って、なぜ自分が社会に受け入れられないかというのを理解せず、社会がただ自分を攻撃していると思っている。

般若みたいな顔のおばさん

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

だから他人に対して復讐をしたいと思って生きている。

土下座の要求も大好き

当然のように土下座をしても許さない。そこからがスタートだから。

今日もあちこちで恨みの種をまきながら生きていて、それが自分に戻ってきては更に悪意を増幅させる。

最後は般若顔になる

般若のようなギャル代

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

最後は内面の醜さが顔にあらわれて、般若のようになる。

常に悪態をついたり、他人に不満を抱いていると、その表情が顔に張り付く。

歳をとって肌の張りがなくなると、復元力が利かないので悪い顔が固定される

娘でさえ食い物にするギャル代らしい顔になった。

中身と外見が般若になったおばさんは、もはや妖怪である。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

おばさん
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学