弱者の世界は子供に厳しい

放り出される子供 子供
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

弱者の世界では、自分より弱い者は守るべき対象ではない。

時には厄介で、時には飯の種に変える道具でしかない。

底辺で余裕がないから子供を虐待するのではない。

 

元々、人としての資質が欠けているから底辺にいるに過ぎない。

そんな環境の中を、子供たちは生き残らなければならない。

 

スポンサーリンク

弱者の世界は子供に厳しい【飢える子供たち】

テレクラくん編より

暗く散らかった部屋でテレビを観ている姉弟。

 

放置された子供にとって、テレビは親代わりのところがある。

借金の取り立てに来たウシジマくんが

 

暗がりの子供たち

闇金ウシジマくん15巻」小学館

 

「母ちゃんはどーした?」

 

と聞いても、子供はお腹を鳴らして

 

「おなかすいた。」

 

と振り向きもせず答える。

コミュニケーションがまともにとれないのは、親に放置されて家庭には一方的に発信するテレビしかないからだ。

ウシジマくんは

 

「なんだ お前らメシ食って

ねェーのか?」

 

と聞いて、出前でも取ってあげるつもりだろうか?

否。

 

利息を取る

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

 

放置子の食事代に母親が置いていった千円札を、ウシジマくんは借金の利息に取り上げてしまう。

ウシジマくんに同行している高田が、ウシジマくんの意を察していてチョコレートを子供にあげる。

 

チョコレートを子供にあげる高田

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん15巻」小学館

 

「これチョコレート。

社長(ウシジマくん)がさ、

駅前のコンビニで賞味期限切れの

弁当を店員がね、夜2時に

捨てるから拾ってこいってさ…

起きてられる?」

 

ウシジマくんは子供にも容赦しないように見えて、親よりも子供のことを考えている。

放置する代わりの食事代の千円札は、その内に置かれなくなるだろう。

同情して出前を頼んでやったとしても、その場限りの自己満足に過ぎない。

 

ウシジマくんは安易に手助けしない。

ゴミを漁ってでも、生き残っていける方法を教えている。

方法に詳しいのは、ウシジマくん自身がそうして生き残ったからだ。

 

親が必ずしも子供を育ててくれるとは限らない事を、身を持って知っている。

子供自身が乗り越えなければ、クズの親と同じように育っていく。

子供たちが生きる無関心の世界の中で、社会悪のはずのウシジマくんだけが子供たちの事を見ている。

祖母宅に押し付けられている子供

パチンコおばさん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

 

生活保護くん編より

ウシジマくんに金を借りているおばさん。

煩わしい事が嫌いなので、髪は男みたいに短髪だ。

孫にあたる、自分の娘の子供と同居している。

 

おばさんは孫の世話をしないで、パチンコに貢いでいる。

娘は離婚していて、子供を放り出して新しいダメ男に貢いでいる。

そんな娘のことをおばさんは

 

「またダメ男に貢いでるンだわ!

あの娘バカだから!!

誰に似たのかしらね!?」

 

おばさんにそっくりのバカなのだが、論理性がない人は情報の紐づけができない。

娘がダメ男に貢ぐ事と、おばさん自身がパチンコに貢ぐ事が同じ構図だとわかっていない。

大体、初期のファミコンくらいの演算能力しかない脳みそで生きている。

 

頼れる人

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

 

「頼れるの田嶋(ウシジマくんの偽名)さんだけだわー。」

 

金を借りて、上機嫌になるおばさん。

偽名を使って高利で金を貸すウシジマくんが、唯一頼りになれる人なのだそう。

先々の利息が頭に入らないので、金を受け取ると得した気になる。

 

バカな人の周りには、同レベルか食い物にする人しかいない。

そこに、孫が出てくる

 

孫

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

 

「ばーちゃん 昼飯は?」

「知るか!」

 

と言って家の外に放置して、おばさんは家に入ってしまう。

普通は孫ほどかわいいものはないが、底辺の世界は人の社会ではない。

おばさんは精神性が子供と同レベルなので、子供の世話はできない。

 

昼ご飯を求められても、「知るか!」という言葉を平気で浴びせる。

食事の作り方も教えていないのに、自分で何とかしろと言わんばかりに突き放す。

 

バカな人は子供がふえるワカメみたいに、勝手に大きくなると思っているのだろうか?

家の外に放り出されて、行き場のない子供。

 

放り出される子供

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

 

母親には自分を生活保護費のダシにされ、祖母には借金の際のダシに使われている。

子供自身には、一円も回ってこない。

都合よく使われるだけで、誰も気にかけてくれない。

 

その姿をウシジマくんが眺めている。

カイカウファイナンスの高田が、子供にお菓子を差し出す。

 

子供にお菓子をあげる

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

ここでもウシジマくんは、子供をその環境から救い出したりしない。

この子供が真人間になるか、クズに育つかは本人次第だ。

 

祖母から母親へ確実にダメさが遺伝しているので、自ら這い上がって強く変わらなければ負の連鎖は断ち切れない。

超現実的な世界で生きてきたウシジマくんは、そのことを知っている。

 

ハムスターさえ育てられない親

ののあの甥

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん24巻」小学館

 

子供を虐待する親は、小動物さえ飼う事ができなかったはずだ。

ブランド物のバッグを手に入れても、メンテができないのでボロボロだろう。

意志の力がない人は、煩わしい事が全てできない。

 

こういう面倒くさがりの人が子供を授かったのは、行為中のアクシデントに他ならない。

面倒で避妊を怠って、もっと面倒な子供がデキてしまう。

いつもこの、惰性の選択を繰り返す。

 

決して望まれて生まれてくるわけではない。

こういう子供は、生まれる前からハードモードな人生が決まっている。

毒になる親から教わる事は何もない。

 

一番近い所でサンドバックにされるだけの幼少期を過ごす。

誰も教育してくれないから、自分で自分の人格を育てていかない限り、這い上がる事はできない。

関連:ののあの甥

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

子供
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学