キャバ嬢の花蓮

きれいなキャバ嬢の花蓮 若い女
出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

中年会社員くん編より

 

小ぎれいでタレント志望だった女

ネイルの店を出すという明確な目的意識を持って、キャバ嬢をやっている。

 

しかし所詮はキャバ嬢なので、男に揺さぶりをかけてお金を引っ張る事を生業にしている。

 

スポンサーリンク

キャバの仕事を割り切っている

キャバクラの控室にいる花蓮

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

顔は結構いい部類に入るので、キャバクラでもまずますの地位にいる。

チンピラに『不細工』とさんざん罵られているブスの同僚に声を掛ける花蓮。

 

自分たちの給料は我慢代と言い切る。

この辺りに彼女がキャバという仕事に、最初から見切りをつけている事が出ている。

 

ただ昼間の仕事をしたくないと、自堕落に流れて若さをキャバクラで浪費している女性とは違う。

彼女にはネイルの店を出すという明確な目的があるのだ。

 

その目的意識が、他のキャバ嬢とは違う雰囲気を出している。

中年社員の加茂も、花蓮に入れ込んでいる。

 

ワインを進める花蓮

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

キャバ嬢の会話にはウソが多いが、加茂との会話で本当の事を織り交ぜた話をチラッと入れる。

 

「男の人は寄ってくるけど長く続かないの

 私ってすぐに飽きられちゃうのかな?」

 

花蓮は自立心があって、自己資金で店を出そうとする女性だ。

そういうシッカリした女性は、若い男からすると堅苦しいというか可愛げがない。

 

花蓮を落とせるような男は、特に女性に癒しや可愛さを求める。

なまじ顔がいいだけに男が寄ってくるが、花蓮がその気になる頃には男が冷める。

 

人の感情は波があって、その揺らぎが大きいほど予想がつかずに飽きが来ない。

花蓮はまっすぐすぎてつまらない

 

花蓮のアップ

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

だが加茂のように、若い女というトロフィーを手に入れようとするおじさんには問題ない。

 

キャバ嬢としての仕事ぶり

そんなおじさんには、思わせぶりな言葉をかけてやるだけでいい。

花蓮のように真面目な女は、キャバの仕事もまた真面目に行う。

 

思わせぶりな事を言うキャバ嬢

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

虚実を織り交ぜながら加茂に話をし、最後の殺し文句が

 

「隣に誰かいてほしい。」

 

チラッ

加茂のようなおじさんは、自分に都合の良い話ししか信じない。

花蓮のような若い美人が、加茂のように面白みのない男を選ぶかという、客観的な事実は入ってこない。

 

高い金額にムッとするキャバクラの客

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

熱くなって高い酒を入れてしまう。

払いの時に我にかえって、高額になった支払いに不満を口にする加茂。

 

ジッと人を見抜くような目をして加茂を見て、花蓮からアフターに誘う。

普通のキャバ嬢は、最後の一線を越えないようにして客を手玉にとる。

 

人の心を弄び、それを楽しむような所がある。

だが花蓮は生真面目ゆえに、店を出す目的のためには一線を越えるのもいとわない。

 

その一回で加茂をつなぎとめ、二匹目のドジョウを狙う加茂から売り上げを引っ張るための行為だ。

これも目的がハッキリしている。

 

それ以降、加茂のアフターの誘いに期待を持たせながらも乗らない花蓮。

加茂の気持ちを弄んでいるのではなく、目的は金だけだ。

あくまでネイルの店を出すために稼いでいる。

 

頑張っている花蓮

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん29巻」小学館

 

花蓮の目的の第一は店を出す事で、それ以外の事は雑事に過ぎない

お金は目的を果たすための手段であり、加茂に何らの感情も抱いていない。

スケベな男たちを騙し、自分の身を削ってお金を稼いだ。

 

だが人を騙したお金で作った店で、ネイルをキレイだと思えるだろうか。

加茂がトロフィーとして花蓮を求めたのと、花蓮がネイル店を求めたのは同じことだ。

 

夢へは近づいたが、花蓮も加茂のようなゲスな人間に変質してしまった。

もう、夢を描き始めた頃の花蓮ではない。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い女
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学