若い男

ホストクラブの被害者たち

ホストくん編より(21~22巻) ホストになる若者は、多くが男の中でも下の部類に入る者たちだ。 彼らの芝居がかったゴージャス感の演出は、コンプレックスの裏返しだ。 地元でくすぶっていた青年は、人生を挽回しよ...
おじさん

生き地獄 サラリーマン小堀

サラリーマンくん編より(10~12巻) 33歳で医療機器会社に勤めるサラリーマンの小堀豊。 専業主婦の嫁と二人の子供がいる。 幸せのパズルを組み合わせたはずなのに、なぜ普通に働く人が地獄を見るのか? ...
名場面

半グレとヤクザはどっちが強い?

男子はどっちが強いのかという比較に興味を持つ。 その理由と共に、ヤクザと半グレのどちらが強いのかを考察する。 今回の人間学は趣向を変えて、個々の人物ではなく集団に焦点をあててみたい。 ※現在ヤクザ職...
若い女

いらない街、歌舞伎町が存在する理由

いつも生乾きの洗濯物のにおいがする街、歌舞伎町。 全国から下層の人間が流れ着き、ネズミのコロニー(巣穴)のような街を形成している。 歌舞伎町は過去に取り締まりを受けても、その度に復活してきた。 自分の人生さ...
おじさん

賢くない人がワリと幸せに生きられる理由

ゲイくん編より 人に知性が芽生えてから、起こってもいない問題を想定してストレスを抱えるようになった。 賢い人ほど就職や老後の不安など、悩み多い人生を歩む。 36歳のおじさんゲイの『ジャニヲタ』は、明日の悩み...
若い男

優しい人が、意外と報われない理由【竹本優希】

人から奪うだけでは続かないので、社会的な成功者にはギブ(与える)タイプが多い。 だが金持ちの家の子の竹本優希(ゆうき)は、見返りを求めず人助けをした結果、貧困ビジネスの寮にまで落ちてしまった。 他人に与える人が富...
若い男

残念な人ほど、社会に手厳しい理由

残念な人ほど、すぐに 「人として最低」 などと、他人を全否定する言葉を使う。 自分の社会的地位が低い場合は、自分ではなく社会が悪いことにする。 彼らは、自分のダメさをごまかすために、社会に説教をして生...
若い女

キャバ嬢の何が悪なのか?

水商売のホステスたちは『偏見の目で見られる』と訴える。 だがうっすらとウソをついて、男の感情をお金に換えているのは事実だ。 仕事選びには人となりが反映するが、果たしてキャバ嬢になる女は、どれほどの悪なのだろうか?...
若い女

女性の社会進出がしんどい理由

『女性の社会進出』 と言われるが、昔から家に閉じこもっていただけではないので、正確には 『会社への進出』 の方が正しい。 会社で働く女性がしんどい理由とは? 男女で言葉の使い...
おじさん

語りたがるおじさん・興味がない女

なぜ、おじさんは若い女性に語りたがるのか? 男は他の男を押しのけて、のしあがって女に認められたい性だ。 暴力のペナルティが厳しい現代では、社会でのしあがる要素は『インテリ』だ。 女性に自分の語りを聞いてもら...