今が幸せと感じない人は、ウシジマくんを読んでみてください。
暴力漫画ではありません。
人間理解のための漫画です。

ウシジマくんの人間性

太った女が好んで着る、肉が消えるてるてるワンピース

太った女 若い女
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館

デパートは女相手でないと商売にならない。

ファッションに関して、女は男の数段上を行く。

 

太目の女性が好んで着る、てるてる坊主のようなワンピースがある。

街や会社で驚異的な機能を発揮する、女の服のすごいトコ。

 

太った女が好んで着る、肉が消えるてるてるワンピース

胸のすぐ下が絞ってあって、ウエストがどこにあるのか分からなくしてある、てるてるワンピース。

絞ってあるところがウエストだという服の概念を逆手にとり、トリックアートのように見る人を騙す。

 

太っているのか痩せているのかわかりにくいが、着ている女は十中八九太っている。

もしそういう服を着ないと、エンコーまいたんのように、お歳暮で使われるパンパンのハムみたいなシルエットになる。

 

まいたん

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん4巻」小学館

 

いかにてるてるワンピースが画期的な設計かがわかる。

筋トレの努力もなく、下腹のでっぱりを隠せる。

 

男が機能性を追求すると、軍事用の迷彩服のように命がかかった方向のものになる。

だが女は、美的な実用性を追求する。

 

てるてるワンピースは迷彩のように、ぜい肉をカモフラージュして見えなくしてしまう。

 

隠した肉が男にバレるのはコトに及ぶ時だが、その時の男は興奮状態なので、脱いで鏡餅が出てきても止まれない状態だ。

 

そんな男の行動までが計算され、組み込まれている。

 

一体、何キロくらいまで肉塊を隠せるのか?

オムツにも許容量があるように、テルテルワンピースにも収納できるぜい肉の限度はあるはずだ。

いくら目の錯覚を利用しても、その黄金律を崩すレベルのぜい肉まではカバーできないはずだ。

 

だがそれは視覚のみを考えた場合の限度に過ぎない。

瑞樹

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館

深夜に弁当2個と、バケツサイズのアイスやポテチをむさぼり食う瑞樹

 

自分を商品として売り出す彼女にとって、腹の問題は死活問題だ。

遠目から見たらカバーはできないのだが、太った女には別の武器がある。

 

脂肪の塊も、胸についていれば武器となる。

 

男の目線を胸に集中させる事で、男の意識の中から腹を消してしまう。

そこに腹があるはずなのに、男の意識は胸に集中して腹の存在を認識していないので、目に映っても脳に情報が入らない。

腕を出すと、途端に豚足感が出る

てるてるワンピースは、必ずカーディガンや上着とセットにして使う。

男の知覚は上下2点までは認識できるが、3点になると混乱して目の焦点は突起している胸に集中する。

 

それに豚足のような腕を見せてしまうと、ボディの肉塊を推定されてしまうので、コトに及ぶまでひた隠しにする。

男は肉付きのいい前足には性欲ではなく、食欲を感じる。

 

男の狩猟本能を目覚めさせてしまうと、途端に計算が働くようになりやっかいだ。

男を興奮状態にしてしまえば、脱いで正体を出しても問題ない。

 

興奮状態の男

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館

 

賢い女は男を目くらましでからめとり、ATMにしてお金をジャカジャカ引き出したい。

同じ脂肪なのに、胸についていると男を吸い寄せる鳥もちになる。

 

バカな男を引き寄せるワナのような服。

それがてるてるワンピース

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い女
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学