電車に乗っている女性

言葉遣いが悪い女 若い女
出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん4巻」小学館

ギャル汚くん編より

渋谷あたりで痴漢男を電車から降ろす、悪そうな恰好をした男(ネッシー)を見て、

「うおっカッケー!」

という若い女性。

実は痴漢されていた女性とネッシーはグルで、痴漢男から金を巻き上げたりしている。

そんな事を知らず、電車からネッシーを見て「カッケー!」と言う。

自ら価値を下げておけば安心

可愛くもなく、髪型も七三のロングバージョンというか、中学生のような髪型。

ちょっとぽっちゃりめで、ドッグタグみたいなアクセサリーをつけている。

本命になりにくいようなさえない外見の上に、この言葉遣い。

この女性は、なぜ自分の価値を高めようとしないのだろうか?

それは、若いながらも年頃になり、外見による差というものを身に染みて感じるシチュエーションを経験しているのだろう。

サークルや飲み会の場などで、可愛い女性との差を感じとる。

あれ、私だってかわいいはずなのに・・・ そうやって傷つく。

そんな経験を重ねると、徐々に自分に期待しなくなっていく。

自分から言葉遣いを汚くして価値を下げておけば、傷つく事も少ない

そんな防衛本能が働いていて、習慣になってしまっている。

だが実際は、そうやって価値を下げれば、寄ってくる男はさらに低いレベルの男に限られてしまう。

自分を諦めてしまった可哀そうな女性

闇金ウシジマくんにはそんなキャラクターが1コマ出ている事で、リアルな社会が広がっている。

関連⇒生きるのが辛いブス

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い女
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学
タイトルとURLをコピーしました