闇金の末端社員の野村

ATMからお金をおろす野村 若い男
出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

フーゾクくん編より

ATMで入金確認をして回る野村。

繁華街のATMでは、たまに変な服装で事務所のようにATMを占有して作業している人がいる。

野村もそんな末端の人間の一人。

スポンサーリンク

似合わない恰好をする

上司に詰められる野村

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

ヒゲと金髪でファッションに自己主張があるように見えるが、合わないキャップで年齢不詳。

そのちぐはぐな格好に社会的地位の不安定さが出ている。

ダメな人は、TPOを考える能力が低い。

どこでも、似合わないヒップホップのような恰好で動き回る。

俺を貫き通すと本人は思っているかもしれないが、そのファッションは誰かの真似でしかない。

つまり、自己主張しているようで、実際は自分というものがない。

こういう流されやすい人が、末端でコキ使われやすい。

ダメな人はいつも余裕がない

人を押しのける

出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

店から出て

「どけ!ババァ!」

余裕がない人間は、他人に道を譲る事も出来ない

他人の動きを頭に入れる事ができない人は、能力が低い。

他人の視点に立つことができないから、やる事が一面的で失敗が多い。

だから小悪党としてもパッとしない。

野村の問題解決能力も低いから、いつもノルマに追われている。

そんな風に追い詰められている人間は闇金の客にも舐めら、返済しない客に適当にあしらわれてしまう。

野村がよしのりと一緒に勤めているのは、闇金の中でもかなりランクが落ちる所だ。

野村自身が元々は多重債務者で、払えなくなったので働かされている。

多重債務抱えているなら、せめてヒゲ剃るところからはじめればいいのに。

それが出来ないから、人生がいつまで経ってもステップアップできない。

安易にヒゲで自己主張していないで、少しでも努力をすればいいのに。。。

ヒゲを生やすだけで貫録はでない。

貫録のある人間に許されたオプションがヒゲ。

順番が逆だが、野村のようにずっと底辺の人は全ての物事が逆である事が多い。

2択の問題でハズレばかり引き当てるかのような。

貧乏くじを引くというのは、大概は本人の選択眼が悪い事が原因。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い男
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学