ヤクザ

名場面

半グレとヤクザはどっちが強い?

男子はどっちが強いのかという比較に興味を持つ。 その理由と共に、ヤクザと半グレのどちらが強いのかを考察する。 今回の人間学は趣向を変えて、個々の人物ではなく集団に焦点をあててみたい。 ※現在ヤクザ職...
おじさん

中年のヤクザが自滅していく理由

子供は生まれる家を選べない。 親の年収によって子供の学力が変わるのは、格差社会のせいではない。 親の低い能力を受け継いでしまうのが一点。 もう一点は、そんな親が作る家庭環境で遺伝的特性が更に悪化するからだ。 ...
名場面

ヤクザが絶対に折れない理由

一般人は社会と折り合いをつけて暮らしている。 だがヤクザは一切折れることなく、"ややこしい人"として生きている。 なぜ、ヤクザは些細な事でも折れようとしないのか? ヤクザが絶対に折れない理由 日付が変わった深...
おじさん

不安が仕事の原動力 豹堂

不安感が強い者は、極度に失敗を恐れるので失点は少ない。 ヤクザ稼業の出世レースは途中でつまづく者が多く、失点を防げば相対的に座布団(役職)は上がっていく。 だが、そういう姿勢はヤクザとしての華がない。 無難に生きな...
おじさん

長生きしたヤクザを待つ地獄

長生きしたヤクザは惨めだ。 ヤクザの語源は8+9+3を足すと、バクチではゼロを意味するところからきている。 自らを無用の者という、捨て身で生きている。 だが、長寿の世の中になって早死にできない社会は、ヤクザの生き様...
名場面

ヤクザはカタにハメて教育する

ヤクザは、街で騒動を起こすだけの者をハンパ者と言って蔑む。 人間としての筋が通っていない、人未満の存在だと。 一般人から見たら大差ない存在なのに、ヤクザの自負はどこからきているのか? ヤクザは型枠作りから教育する ウシジマく...
名場面

ヤクザの豊富な語彙力

ヤクザは学はないが、語彙力は豊富だ。 それも日常から生まれた独自の単語で、ユーモアにあふれている。 自分を賢く見せようという欲がないので、横文字のようなイヤらしさがない。 実用的で言葉自体の有用性が高いので、虎の威を借りる...
名場面

ヤクザが演じる茶番劇

ヤクザが要求をする時、そこには茶番劇が繰り広げられる。 だが暴力だけは本物で、迫力がある。 パワハラに厳しい現代、そんな事ができるのはヤクザだけだ。 人の感情を揺さぶって、つけ入る隙を作って要求をねじ込む。 強引な台...
名場面

電話にすぐ出ないと激怒する人たち

電話の緊張感は独特だ。 呼び出し音が鳴っている間、相手が出るかどうか、少しの期待と不安が入り混じる。 だが世の中、自分が電話をしたら100%相手が出ないと激怒する人たちがいる。 箸が転がっても激怒する肉蝮さん 路地裏に立って...
名場面

ヤクザは情で支配する

最近の出来の悪いドラマは、Vシネマをみてヤクザを描いているようで単純すぎる。 いつもずっと強面で、曲がった事が大嫌いみたいなウソ臭いキャラ。 実際はヤクザも人間であり、ふざけた所があり、日常生活だってある。 普通の...