今が幸せと感じない人は、ウシジマくんを読んでみてください。
暴力漫画ではありません。
人間理解のための漫画です。

ウシジマくんの人間性

後輩女子を恐喝する卑劣な男子大学生

朝倉の顔 若い男
真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

フーゾクくん編

大学くらいから、卑劣でゲスな事をする男子大学生が出てくる。

女子に酒を飲ませて乱暴や、金銭を盗む。

まだ人生に負債を追っていない男子大学生が、卑劣な犯罪をするのは何故か?

高校までの、親や学校のタガが外れて、その人間の本性が出始めるのが大学の頃。

若気の至りと違って、卑劣は性格なので一生治らない。

朝倉もその一人。

後輩をしつこく口説く先輩大学生

メールがしつこい

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

後輩の葉山陽子を、しつこく口説く先輩大学生の朝倉。

自信満々なのだが、葉山はうっとおしいと感じている。

葉山の同級生は朝倉が好きで、彼女曰く朝倉は

チョー歌が上手い
バカさ加減がチョー楽しい

だそう。

葉山は迷惑をしていて、一度告白を断っているのに強気のメールが何通も来ている。

『葉山へ
今から来い。
お前は絶対オレが好きになる自信がある。』

同級生と葉山の言を合わせると、朝倉はティーンエイジャーの行動性を残しながら、横柄で自己中心的な嫌な自我ができている。

ヤンチャがモテるのは高校くらいまで。

それ以降もやっている者は愚か。

朝倉は、自信満々な態度に比べて外見は大した事がない。

朝倉本人は、外見が劣る事に気が付かないようにしているかのよう。

動きやすく攻撃的なファッションがそれを物語っている。

あまり偏差値の高くない大学で、UMA(未確認生物)研究会というサークルに入っている。

本当にUMAに興味があるのではなく、そういう場所でなら自分が上位に立てるという計算のもと、入っている。

サークル活動の多くは飲み会などで、UMAはそんなに好きではない。

朝倉が自分が上位に立てる場所を探し求めている時点で、実力のある男子大学生に比べて劣等感を持っている。

頭がそんなに良くないし、カラオケがうまいといっても歌で食べていけるほどでもない。

顔もさほど良くない。

大学生くらいになると、他人との差がしっかりと認識される。

朝倉は劣等感を発奮材料にして努力するのではなく、虚勢を張るルートを選んでいる。

他人に危害を加える大学生は、諦めに入っている。

自分が向上しないから、他人を攻撃して引きずり降ろして劣等感を紛らわす。

こういう小悪党が、今日もどこかで女子に酒を飲ませている。

卑劣さは性格だから治らない

チラチラ鏡を見る

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

よく人間観察する葉山は、朝倉がガラスに映る自分をチラチラ見ているのに気が付き、余計嫌いになる。

それなのに、しつこく何度も誘っては断られる。

文句を言う

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

朝倉みたいな人間は社会人になって真の競争に晒されたら、虚勢など粉々に粉砕される。

朝倉とつるむような程度の同級生に、葉山が風俗をやっている情報を得る。

普通だったら葉山の事を忘れようとするが、朝倉のように腐った大学生は違う。

葉山が働く店に客として行って、自分を袖にした恨みをぶつける。

葉山に危害を加える朝倉

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

そこで、大学で言いふらすと脅す。

この選択をした時点で、朝倉はどこの世界でも主人公になれない側のゲス人間になる。

暴走族が更生する話はあっても、ゲスな精神性の人間が治る事はない。

葉山宅の玄関前

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

葉山の家の前で、入ろうとする朝倉。

泊めないとバラすぞと脅す。

パワハラとかセクハラとかあらゆるものが入っている。

葉山に1万円を渡されて、この日は引き下がる。

後輩を脅していても、その卑怯さに気が付かない。むしろ快感。

しつこく言い寄って、性の対象に見た次は金を引っ張り出そうとする。

会話を録音

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

Fランク大学の乱立で、大学生という名のプー太郎が世の中に増えた。

朝倉に対して、風俗でたくましさを得た葉山は強くなった。

スゴスゴと去る

真鍋昌平著「闇金ウシジマくん6巻」小学館

バカな息子に大学生の肩書をつけて教育をした気になる親。

そんな親の子供だから、卑怯な人間に育っていく。

若気の至りでグレるのとは違って、卑劣さは性格だから治る事はない。

人間に成りそこなった姿がそこにはある。

ウシジマくんの洞察力
▼ ▼ ▼

人を見抜く方法

若い男
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画闇金ウシジマくんの人間学